会計基準、読んでますか?

会計基準が過去出題にどのように反映されているのか。

財務諸表論の過去問を小問化してお届けしています。

(問題)
特殊な販売契約による販売取引の主な事例として、以下の4つ(A〜D)がある。それぞれの販売取引による売上収益の実現を認識する原則的な時点又は基準として最も適切なものを、下記の選択肢( 銑─砲ら1つずつ選びなさい。同じ選択肢の番号を、他の解答として何回選んでもよい。

A.委託販売 B.試用販売 C.予約販売 D.割賦販売

(選択肢)
“稜箏戚鵑猟結
購入予約の受付
M縮鸚宿覆寮渋
ぞι陛の引渡又は役務提供の完了
テ整媽茲稜禺茲琉媚徂充
η箴綺銚△亮取
Щ点收沙蚕颪療達
売上債権の回収期限の到来又は入金

(解答)
A.
B.
C.
D.


(関連会計基準)
・企業会計原則 注解6

(コメント)
企業会計原則をきちんと読んでいるかを確認する出題です。
注解には計算と関連をもつ項目も多いので計算の確認の意味もこめてしっかり読んでおきましょう。

初見で同じ(ぁ砲箸いΣ鯏を3つきっちり書けるかがポイントかもしれません。
本試験でもこういう答えさせかた(同じものを4個中3個)もアリだということは知っておくべきでしょう。
問題文の「原則的な」という箇所をきっちり読めているかが大きなポイントになります。
問題文を読むときにマーカーをする等の工夫は不可欠でしょう。