企業会計原則、読んでますか?

そろそろ企業会計原則以外の会計基準も準備しています。

えーっと考えてます。

ホントですってば。

やだなあ。

ホ・ン・ト(←考えてないのね)。



慣習を要約した企業会計原則には、「何?」があまり書いてありません。

そんな企業会計原則で登場する重要概念の一つに「対応」があります。

原則の名前でいうと「費用収益対応の原則」です。

会計法規集の見出しに「費用収益対応の原則」とあるのは、損益計算書原則一Cです。

ただし、これは損益計算書の「表示」の話です。

問題にしたいのは、費用の認識(いつ)の話です。

収益に対応する費用を「認識」する場合です。



損益計算書原則一Aによれば、費用・収益は、「発生」で認識する。

収益は、未実現はダメなので、結局は、収益→「実現」、費用→「発生」がメインになります。

では現実の損益計算書にのるのは、すべての「発生費用」かというとそうではありません。

実現収益に見合う(対応する)発生費用のみが認識されます。

こんな形になっている根拠は、次の二つから説明できます。


(1)収益は、「実現」で認識する。

(2)利益は、「収益−費用」で計算する。


収益の認識は、実現でいきます。

で、利益は、その実現収益から発生費用を差引いて計算されます。

で、引算である以上、対応関係をとる必要があります。

数字の対応関係のない引算には、意味がありません。

実現収益が固まっている以上、「収益に見合う費用」を計上する必要がある訳です。

収益に対応する費用を拾い出す、つまりは、収益に見合う「費用の認識」を行う必要があるのです。

収益に対応する費用認識を指示するのが、費用収益対応の原則です。

対応そのものの考え方は、極めてシンプルですが、意外に奥は深そうです。

まずは、対応の必要性を考えておきましょう。

それは、意味のある引算(損益計算)を行うことです。


そうだ、会計基準を読もう!!(収益に対応する費用を認識するのが、費用収益対応の原則だよ♪)



会計基準を読もう!!<目次>