純資産会計基準、読んでますか?(←まだ読んでないでしょ)

これから企業会計原則以外の会計基準も徐々にご紹介していきます。

投稿そのものが重点的に読むスケジュールだと思ってください。

昨年の理論での出題がありますが、計算での出題が厚いことも予想される純資産基準を最初にとりあげることにしました。

近年の変更点でもあり、試験的にも重要性は高いです。

正式名称は、「貸借対照表の純資産の部の表示に関する会計基準」です。

私は、たぶん純資産基準とか、純資産会計基準と書きます(←いろいろなのね)。



純資産基準を読むにあたって、純資産の部のこれまでの自分の理解度を試しておきましょう。

方法は簡単です。

白紙にフルパターンの純資産の部を何も見ずに書きます(←何もみてはいけません)。

数字(機■院ァ砲箸はどうでもいいです。

最初の位置は、ズラしてください(大→中→小という感じで)

大→中→小で、バランスがとれていれば、数字等はどんな使い方をしてもかまいません。

その後、テキスト等で確認してみてください。

これまでの各自の学習した範囲でかまいません。

まずは、これまでの純資産の部、あなたはちゃんと書けますか?



そうだ、会計基準を読もう!!(純資産の部はパーフェクト希望です)


会計基準を読もう!!<目次>