(問題)次の文章の正否を○×の符号で示しなさい。

ある債権にキャッシュ・フロー見積法をはじめて適用した翌年において、状況に変化がなければ、貸倒見積高は、初年度よりも小さくなるので、その減少額は、貸倒引当金戻入として処理しなければならない。

(解答)
×

(解説)
貸倒引当金戻入とする以外に受取利息と処理する方法もあります。

(関連記事)
キャッシュ・フロー見積法の戻入の処理