企業会計原則、読んでますか?

1日1時間、いや、30分でいいです。

スキマ時間をみつけて読みましょう!!

約束だよ♪(←誰?)。


今日は、企業会計原則のうち読まなくてもいい部分の話です。

といっても、そんなにはありません。

また、流して読んでいても、簿記の学習などからここはすでに変ってるなと分かる程度には意識しましょう。

でも、読まなくていい部分は読まなくてもいいか(←なんじゃそりゃ)。

読まなくていいの意味は、古い部分です。

正確ではないかもしれませんが、ちょっと抜書きしてみました。

はじめにある程度の加工作業(実際に訂正する。×印をつける等)をしておくのがよいでしょう。

<全般>
資本の部→純資産の部
資本→純資産(あくまでもおおむねです)
あと、表示(注記も)に関しては、微妙な面が多いですが、こちらは、計算での学習を優先させてください(←私が弱いもんで)。

<損益計算書原則>
二D(未処分損益計算の内容):カット
三F(販売費・一般管理費の計上と営業利益の計算):ただし書カット
四(営業外損益):「割引料及び」の表記→カット
九(当期未処分利益):カット

<貸借対照表原則>
四(一)資産(資産の分類及び科目名称):有価証券の記述は流す(金融商品会計基準が優先)
四(一)B(固定資産の分類及び内容):営業権→のれん
四(一)C(繰延資産の内容と表示):繰延資産を5つ(創立費、開業費、株式交付費、社債発行費等及び開発費)に
四(二)B(固定負債の内容):退職給与引当金→退職給付引当金
四(三)資本:カット(純資産の部基準が優先)
五(費用配分の原則):繰延資産の記述をカット(均等額以上ではなく、定額法等により配分)
五A(たな卸資産の評価):後入先出法をカット
五B(有価証券の評価):カット(金融商品会計基準が優先)
五D(有形固定資産の評価):後半の現物出資のくだりをカット(払込資産の価額に変更)

<注解>
注解1−2:並びに表示の方法をカット(誤謬基準が優先)
注解2(2):カット(純資産の部基準が優先)
注解10:カット(棚卸資産基準の部が優先)
注解12:(2)をカット(変更・誤謬基準が優先)
注解15:当期未処分利益→繰越利益剰余金
注解16:中盤の有価証券の段落→カット(金融商品会計基準が優先)
注解18:退職給与引当金→退職給付引当金
注解19:(1)減資差益、なお書をカット
注解21:ハの後入先出法をカット
注解22:カット(金融商品会計基準が優先)
注解23:カット(金融商品会計基準が優先)
注解25:カット(または営業権→のれん、5年→20年、均等額以上→定額法等)


そうだ、この部分は読むのをよそう!!(←それは定着しないでしょ)

そうだ、そうだ(←一人増えましたな)


会計基準を読もう!!<目次>