(問題)次の文章の正否を○×の符号で示しなさい。

キャッシュ・フロー見積法は、債権金額と将来キャッシュ・フローを引下後の約定利率で割り引いた金額との差額を貸倒見積高とする方法である。

(解答)
×

(解説)
引下後ではなく当初の約定利率で割り引いた金額を使用します。

(関連記事)
キャッシュ・フロー見積法