(問題)次の文章の正否を○×の符号で示しなさい。

一般債権に対する貸倒見積高の算出に用いられる貸倒実績率法の適用は、一般債権全体の貸倒実績率を求めてこれを期末債権に乗じて算出しなければならない。

(解答)
×

(解説)
同種・同類(営業債権と営業外債権の別、長期と短期等)の別に算出できます。

(関連記事)
貸倒実績率法