【学習時間の目安】
(1)インプット(2時間)
(2)問題演習(4時間)


【要チェックポイント】
(1)簿記一巡の手続きを確認しておきましょう
(2)売上・仕入関係の推定に習熟しておきましょう


【推定簿記】
(1)売上関係の推定
各勘定の記入内容を理解し、その復元に努めましょう。
1.売上勘定
【借方】値引・返品
【貸方】現金売上、掛売上、手形売上、前受金の充当
2.売掛金勘定
【借方】前期繰越、売上
【貸方】現金回収、手形回収、値引返品、貸倒、為替手形の振出、売上割引、次期繰越
3.受取手形勘定
【借方】前期繰越、売掛金の回収、売上
【貸方】当座決済、割引手形・裏書手形決済、次期繰越
4.前受金勘定
【借方】売上、次期繰越
【貸方】前期繰越、受入

(2)仕入関係の推定
1.仕入勘定
【借方】現金仕入、掛仕入、手形仕入
【貸方】値引・返品
2.買掛金勘定
【借方】現金決済、手形決済、値引・返品
【貸方】前期繰越、仕入
3.支払手形勘定
【借方】当座決済、次期繰越
【貸方】前期繰越、買掛金支払、仕入
4.前渡金勘定
【借方】前期繰越、支払
【貸方】仕入、次期繰越


(3)その他の推定項目
1.商品関係
原価率・利益率、付加率
・期首試算表、整理前試算表、整理後試算表の相互関係を把握しておきましょう。

2.固定資産関係
減価償却関連の推定の意味

3.貸倒引当金関係
・期首試算表、整理前試算表、整理後試算表の相互関係を把握しておきましょう。

4.外貨項目関係
一部資料から為替レートを逆算し、他の資料で使用するような問題があります(←厳しいです)

5.債権債務関係


【チェック問題】オススメ度(◎→○→△、※は参考)
用意できてません。