「リスクからの解放とは何か」は、とりあえず終了です。

また、しばらくのご猶予をいただいて、続きを書きたいと思います。

概念フレームワークをかじった方には、まわりくどいのではないかとも思っています。

ただ、概念フレームワークに予備知識のない方にとっては、概念フレームワークそのもののハードルはとても高いのではないかとも思っています。

私がそうでした(いや、今もそうですが)。

そのハードルをいくらかでも低くしたいというのが狙いでもあります(最終的には、本試験も視野に入れていますが)。

今後、企業会計基準委員会から公表される会計基準に概念フレームワーク色は濃くなるでしょう。

本ブログ記事が会計基準(特に結論の背景部分)を読みやすくするものであったとすれば幸いです。

っていうか、財表受験生の皆さん、会計基準読みましょうね。

わかりましたか?(←も、もしかして「はい!」を期待してますか?←かなり)

えっ。もちろん、会計基準を読みましょうねですってば。

やだな。

やだな。誤解して。

でも、誤解してもいい、かな(←いいのか)。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
「人気フログランキング」