「企業会計の目的は適正な期間損益計算にある。」

会計学を学習し始めた頃に幾度となく聞かされた言葉です。
期間損益計算が重要だろうことは、初学者だった私にもわかりました。
収益から費用を引くと利益がでる。
これが大事なんだ。
その事はわかりました。
しかし、反面、なんとなくぼやーっとしていた事も覚えています。
とても曖昧に感じていたのもまた事実でした。

少なくとも私には、とても曖昧に感じられた「利益」。
ここでは、期間損益計算の結果算出される利益概念(純利益といった方が正確でしょうか)について考えてみたいと思います。
とはいっても正面から利益概念をとりあげる訳ではありません(というか出来ませんが)。
利益の計算方法を考えるといった方が適切でしょうか。
いや、利益計算という視点から概念フレームワークの基礎的な概念(財務諸表の構成要素)を眺めるといった方が適切でしょう。
例のごとく、長丁場で結論は出ないかもしれません。
いや、結論はきっと出ません。
それでもお付き合いいただける方(というかできれば皆さん←なら言うなみたいな)のお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。

まずは、極めてなじみのある取引をもとに少し考えてみましょう。

(例)100円の商品を仕入れ、これを150円で販売した。

この場合の利益(もうけ)は、150円−100円=50円と算出されます。

今、単純な個人企業を想定して、一連の会計処理を考えてみましょう。

出資:(借)現金預金100 (貸)資本金100

仕入:(借)仕入100 (貸)現金預金100

売上:(借)現金預金150 (貸)売上150

決算整理(この場合はありません)を経て、損益計算書には、収益(売上=150)と費用(仕入→売上原価=100)が記載されます。
当期純利益は、収益と費用の差額の50円です。

このように収益と費用の差額で純利益を算出する方法を損益法といいます。

上記事例で、純利益は、最後(期末)の純資産(純財産)−最初の純資産(純財産)としても算出することが可能です。

最後の現金預金150−最初の現金預金=50

このような純利益の算出方法が財産法です。
損益法による純利益と財産法による純利益は、一致します。
ええ、一致します(たぶん←いや、そうでしょ←そうか?)。

利益とは何か(2)