(問題)次の文章の正否を○×の符号で示しなさい。

簿記の出題にいう原価率は、通常は当初の原価率(想定される原価率)を意味する。
この原価率は、財務諸表の数値のみから算出することができる。

(解答)
×

(解説)
簿記で出題される原価率は、通常は当初の原価率(想定される原価率)を意味します。
売上高以外は、財務諸表の数値を利用可能ですが、売上高については、値引・割戻があれば、これを加算した数値を使用します。

(関連記事)
原価率・利益率、付加率