(問題)次の文章の正否を○×の符号で示しなさい。

株式の発行費用はすべて繰延資産として計上することができる。

(解答)
×

(解説)
繰延資産計上が可能な株式発行費用は、資金調達目的(組織再編の対価も含みます)のものに限られます。
株式分割等にかかる株式発行費用は、繰延資産計上することはできません。

(関連記事)
繰延資産の償却期間