(問題)次の文章の正否を○×の符号で示しなさい。

減価償却の記帳方法として直接法を採用した場合と間接法を採用した場合を比べると、直接法を採用した方が利益は小さくなる。

(解答)




















×


(解説)
直接法と間接法とで損益の額が異なることはありません。


(関連記事)
直接法と間接法