(問題)次の文章の正否を○×の符合で示しなさい。

減価償却費の計算を定額法で行う場合、耐用年数を用いて計算するときと定額法の償却率を用いて計算するときの減価償却費は常に同額になる。

(解答)




















×


(解説)
耐用年数を使う場合と償却率を使う場合とでは、端数を除けば計算結果は一致しますが、端数が異なる場合があります。


(関連記事)
定額法の償却率