(問題)次の文章の正否を○×の符合で示しなさい。

当社の業績は、順調に推移しているため、手許余剰資金をもって2年満期の国債を購入した。
当社では、当年の業績次第でこの国債を売却する予定であるが、満期まで所有する可能性が高い。
当社は、この国債を満期保有目的債券に区分し、評価することとした。

(解答)




















×


(解説)
満期保有目的の債券は、満期まで所有する意図をもって保有する有価証券をいいますので、問題の有価証券は、その他有価証券に該当することになります。


(解説)
満期保有目的の債券