(出題形式の確認)
税理士試験「簿記論」の出題は、3問。
第1問及び第2問が、大学の先生の出題で、各25点、
第3問が、実務家の方の出題で、50点の配点です。

ここ数年は、第1問と第3問が総合問題、第2問が個別問題2〜4題程度となっています。
第1問と第2問の出題形式は、長期的にみると逆の場合もあります。

ここ数年の第1問は、難易度は、並から易、量も並から少と比較的手がけやすい出題が続いているといってよいと思います。
何らかの形で簿記一巡を問う出題が多くなっているのが、大きな特徴でしょうか。
また、第3問とは異なり、勘定推定を伴う出題が多くなっています。

第2問の難易度は高めで、量は並といったところでしょう。
算術的な推定を伴う出題が多くなっています

第3問の出題は、標準的な出題でも量は多いです。
また、ここ2年は、ある程度の量の伴う期中処理がある点が大きな特徴であるといってよいでしょう。
出題形式や内容等で毎年といってよい程、ビックリさせられるものがあります。

このような出題の形式面からいって特に重要なのは、第3問にある程度の時間をかけなければダメという点です。
答練等は最初から配点が決まっています。
第1問・第2問の方が手がけやすい場合には、こちらに力を入れた方が、結果として相対順位があがる傾向にあります。
しかし、第1問・第2問と第3問の配点が同じ以上、実際の試験ではこのようなことはありません。
第3問にも配点に応じた時間を割く必要があります。
このことは極めて重要で、力のある方が不合格というケースは、ほとんどがこのケースではないかと思います。
第3問の量が多く、難易度が高くても、一定の時間をかける必要があります。

そのための対策は、ある程度のラフな時間配分を決めておくことでしょう。
得点に応じた時間配分(30分、30分、60分)を軽く想定しておくか、第1問・第2問を50分前後をめどに、第3問へ移行、残り10分程度で残をどう使うかもう一度考えるといったあたりでしょうか。