減損の兆候があり、割引前キャッシュ・フローが帳簿価額を下回る場合は、減損損失の測定を行います。

減損損失額は、資産(グループ)の「帳簿価額」が「回収可能価額」をこえる金額です。

回収可能額まで、帳簿価額が切下げられます。

回収可能価額は、「正味売却価額」と「使用価値」のいずれか大きい金額です。

「正味売却価額」は、資産(グループ)売却したらいくら入ってくるかという金額です。

より具体的には、資産(グループ)の時価から処分費用を控除して算定されます。

「使用価値」は、資産(グループ)を使用し続けた場合の価値を意味します。

具体的には、使用によるキャッシュ・フローと使用後の処分によるキャッシュ・フローを現在価値に割り引いて計算します。


税理士試験 簿記論 講師日記 全テキスト記事一覧