(問題)
平成17 年9月10日に1,890千円(税込み)の車両を購入した。
その際、旧車両を315 千円(税込み)で下取りしてもらい、差引き1,575千円を小切手で支払った。
なお、旧車両の期首帳簿価額は440千円であった。
車両売却時に行うべき仕訳を示しなさい(車両売却時に期中の減価償却費の計上も同時に行うこと)。

(留意事項)
(1)当社の会計期間は、平成17年4月1日から平成18年3月31日までの1年間である。
(2)車両の減価償却方法には定率法(耐用年数6年、償却率0.319)を採用している。減価償却額の計算は月割り(1か月未満の端数切上げ)で行うこと。
(3)消費税の会計処理は税抜方式を採用している。
(4)計算の途中で千円未満の端数が出た場合、その都度四捨五入すること。

(解答)【単位:千円】
(借)減価償却費   70 (貸)車両運搬具  440
   車両売却損   70    仮受消費税   15
   車両運搬具1,800    現金預金 1,575
   仮払消費税   90


(許容勘定科目等)
減価償却費→車両減価償却費等
車両運搬具→車両
車両売却損→固定資産売却損(実際の解答では、試算表の科目から雑損失)
仮払消費税・仮受消費税→仮払消費税等・仮受消費税等
仕訳上の科目の順序は問いません。

(解説)
減価償却費 440×0.319×6月/12月=70.18→70千円
仮受消費税 315×5/105=15
車両売却損 315÷1.05−(440−70)=△70(売却損)

(関連記事)
消費税の会計処理(固定資産の買換え)