(1)ブログ内記事のご案内

テキスト記事一覧(本支店会計)

(2)過去の出題傾向と対策

平成22年 第一問(総合・支店分散計算制度)
平成19年 第二問(総合?)
平成14年 第一問(総合)
平成12年 第三問(総合)
平成10年 第一問(総合)

本支店会計は、簿記論では重要性が高く、かつては、2年に1度程の頻度で出題されています。
やや出題頻度は落ちたといえるかもしれませんが、重要であることに変わりません。
構造論点の中でも基本的な項目といえるでしょう。