(1)ブログ内記事のご案内

テキスト記事一覧(引当金)

(2)過去の出題傾向と対策
引当金で出題実績が多いのは、貸倒引当金、退職給付引当金、賞与引当金です。

貸倒引当金は、総合問題の出題時にほとんど関連してきます。
特に第3問では、状況が具体的に示されるケースも多く、総合問題での出題になれておく必要があるでしょう。
合わせるかどうかの判断は、難易度次第です。

平成23年、19年に実績率による出題(第三問)があります。
キャッシュ・フロー見積法は、平成15年に個別問題で出題されています。
今後は、総合問題に自然に織り込まれることになると思いますので、習熟が望まれます。

総合問題をきっちり詰めないで解き散らかしていると伸びない箇所でもあります。
一度は個別問題をじっくりと解いておきましょう。

第三問での退職給付引当金も定番論点といえるでしょう。
一般的な差異までの標準的な問題は、完璧にしておく必要があるでしょう。

上記3引当金以外の引当金の出題があるかはわかりません。
答練等で出題された場合は、「検証の段階」で「スルー」から「やや軽めに目を通しておく」くらいの位置付けに変更した方がよいかもしれません。

その他の引当金としては、平成18年に工事損失引当金が出題されています。