(1)ブログ内記事のご案内

テキスト記事一覧(手形)

(2)過去の出題傾向と対策
手形の利用自体が減少傾向にあり、出題にもその傾向はあらわれています。

このところの出題自体は減少傾向にあります。

特に為替手形の利用は激減していると聞きます。


実務的に「そりゃねえだろ」というような出題は税理士試験では余りありません(特に第三問)。

あまり細かい出題がなされる可能性は低いかなあと思っています。

もちろん基本的な事項はおさえておく必要があるでしょう。


国内取引では、三者間の為替手形(三者がバラバラの)はそもそもあまり利用されていないようです。

その影響もあってか為替手形自体の出題は控えめです。

最近は、ほとんど出題されていません。

手形関連の偶発債務の備忘記録(特に対照勘定法)の重要性も低いといえるでしょう。

実務指針では、偶発債務の備忘記録を行っていません。

その影響があらわれているといった感じでしょうか。