【対象=3級以上】

(問題)
次のそれぞれの取引の仕訳を示しなさい。

(1)個人企業であるA商店は、決算において当期純利益100円を計上した。

(2)引出金勘定の残高200円を資本金勘定に振替えた。

(解答)
(1)(借)損  益100 (貸)資 本 金100
(2)(借)資 本 金200 (貸)引 出 金200


(解説)
前提となる取引の「続き」で理解するのがよいのではないでしょうか。
一連の仕訳は次のようになります。

(1)
期中:(借)現  金200 受取利息200
      支払利息100 現  金100
決算:(借)受取利息200 損  益200
      損  益100 支払利息100

(2)
期中:(借)引 出 金200 (貸)現  金200