(問題)
間接法によるキャッシュ・フロー計算書を作成する場合、税引前当期純利益に対して減算する項目は、次のうちのいずれですか。

(1)減価償却費

(2)仕入債務の減少額

(3)棚卸資産の減少額


(解答)
解答は下です。


(解説)
キャッシュ・フロー計算書を間接法により作成する場合には、直接法と比較して、小計より前の部分が異なります。

間接法では、「利益」からキャッシュ・フローを間接的に求めることになります。

資産の増加・負債の減少 → 減算

資産の減少・負債の増加 → 加算


(解答)
(2)


(関連記事)
間接法によるキャッシュ・フロー計算書