【対象=2級以上】

(問題)
株式会社Aは、株式会社Bを吸収合併し、諸資産500万円、諸負債300万円を引継ぐとともに、B株式会社の株主に対して、100株の株式を交付した。
資本金組入額は1株につき1万円とする。
株式会社Aの合併に際しての仕訳を示しなさい。

(解答)【単位:万円】
(借)諸資産500 (貸)諸 負 債300
             資 本 金100
             合併差益100


(許容勘定科目等)
合併差益→資本準備金

(解説)
合併に際しての純資産(諸資産−諸負債)が資本金を超える部分は、合併差益(資本準備金)として処理します。