【対象=2級以上】

(問題)
次の取引の仕訳を示しなさい。
株式会社Aは定時株主総会において、剰余金の処分を次のとおり決議した。
利益準備金:会社法法に規定する最低額
利益剰余金からの配当:600千円
なお、株式会社A社の当期の貸借対照表の純資産の部(抜粋)は次のとおりである。
資本金  :   10,000千円
資本準備金:   2,000千円
利益準備金:     450千円
繰越利益剰余金:1,000千円

(解答)【単位:千円】
(借)繰越利益剰余金650 (貸)未払配当金    600
               利益準備金       50


(許容勘定科目等)
貸方の勘定科目の順序はといません。
未払配当金は、配当金でも間違いではありませんが、未払配当金の方がよいでしょう。

(解説)【単位:千円】
剰余金の処分の仕訳を問う出題です。

剰余金の配当に伴う利益準備金の計上額は、
資本準備金と利益準備金の合計が資本金の4分の1に達するまで、
剰余金の配当額の10分の1です。
本問では、次のとおりです。

(1)剰余金の配当額600×1/10=60
(2)資本金10,000×1/4−(資本準備金2,000+利益準備金450)=50
(3)(1)>(2)∴50