(問題)
積送品販売において、売上計上時期として考えられないのは、次のうちいずれですか。

(1)委託者が受託者に商品を積送した段階

(2)受託者が積送品を販売した段階

(3)委託者のもとに受託者から仕切精算書(売上計算書)が到着した段階

(解答)
(1)

(解説)
委託販売の原則的な収益認識時点は、「受託者が積送品を販売した時点」です(2)。
ただし、仕切精算書(売上計算書)の継続的な送付を行っている場合には、受託者のもとに「仕切精算書(売上計算書)が到着した時点」をとることもできます(3)。

(関連記事)
委託販売の収益認識基準