為替予約取引は、将来の異なる変動相場と固定相場による現金収支の交換取引です。
変動相場による現金収入(未収金)と固定相場による現金支出(未払金)の交換取引を考えてみましょう。
独立処理では、為替予約を予約相場のみを使って換算します。
1ドルの取引を想定し、予約相場が次のように推移したものとすると「考え方として」の仕訳は次のようになります。

(1)予約(100)(借)未 収 金100 (貸)未 払 金100

(2)決算(104)(借)未 収 金  4 (貸)為替差損益 4

(3)決済(106)(借)未 収 金  2 (貸)為替差損益 2
    現金預金106    未 収 金106
    未 払 金100    現金預金100

考え方としては、上記のような仕訳を想定することができます。
しかし、最後の決済取引を考えてもわかるように、実際に106円をもらって、100円を支払うことはしません。
差額(6)をやりとり(この場合は、受取)すればよい訳です。
このような決済の仕方は、差額、差金のみをやりとりするので、「差金決済」と呼ばれます。
このような差金決済の動きに仕訳処理をあわせるには、未収金と未払金を仕訳段階で相殺すればよいでしょう。
その相殺後の勘定科目として「為替予約」勘定を用いるのが一般的です。

(1)予約(100)仕訳なし

(2)決算(104)(借)為替予約  4 (貸)為替差損益 4

(3)決済(106)(借)為替予約  2 (貸)為替差損益 2
    現金預金  6    為替予約  6

最後の仕訳は、次の処理の方が一般的かもしれません(どちらでもかまいません)。

(3)決済(106)(借)現金預金  6 (貸)為替差損益 2
               為替予約  4