【対象=2級以上】

(問題)
次の一連の取引の仕訳を示しなさい。

(1)A株式会社は、取締役会の決議により、株式100株を公募により発行することとした。
株式の発行価額は1株につき800千円であり、1株当たり300千円を資本金に組入れないこととし、かつ、発行価額と同額の申込証拠金を受入れることとした。申込期日までに全額が払込まれている。

(2)払込期日に増資の記帳を行い、同時に別段預金を当座預金に振替えた。

(解答)【単位:千円】
(1)(借)別段預金   80,000 (貸)株式申込証拠金80,000
(2)(借)株式申込証拠金80,000 (貸)資 本 金   50,000
                       株式払込剰余金30,000
      当座預金   80,000    別段預金   80,000


(許容勘定科目等)
株式払込証拠金→新株式申込証拠金
株式払込剰余金→資本準備金

(解説)
払い込まれた申込証拠金は、株式申込証拠金勘定で処理します。
株式申込証拠金勘定は、「払込期日」に資本金勘定及び株式払込剰余金勘定に振替えます。