【対象=2級以上】

(問題)
次の取引の仕訳を示しなさい。

株式会社の設立にあたり、株式1,000株を1株当たり50,000円で発行し、払込金額は、当座預金に預け入れた。
資本金の金額は、会社法に規定する最低額とする。

(解答)
(借)当座預金50,000,000 (貸)資  本  金 25,000,000
                株式払込剰余金25,000,000


(許容勘定科目等)
株式払込剰余金→資本準備金など

(解説)
会社法上の最低の資本(資本金)組入額は、株式の発行価額の2分の1です。
したがって、発行価額の合計額1,000株×50,000円=50,000,000円の2分の1、つまり、25,000,000円を資本金にする必要があります。
残額の25,000,000円は、株式払込剰余金勘定で処理します。