(問題)
満期保有目的の債券について償却額の処理(投資有価証券××× 有価証券利息×××)の処理に関する記述のうち正しいものを選びなさい。

(1)定額法による償却額の処理は、決算日に行われる。

(2)利息法による償却額の処理は、利払日に行われる。

(3)定額法による償却の処理は、利払日と決算日に行われる。

(解答)
(1)

(解説)
償却原価法は、取得金額と額面価額との差額が金利の調整である場合に、その差額を額面金額まで増減額する方法を意味します。
定額法は、それを均等額ずつ行い、利息法は、複利をきちんと加味する方法です。
定額法と利息法とでは、配分額の計算方法が異なる訳です。
しかし、基本的な考え方が異なる訳ではありませんので、定額法・利息法とも本来的には、その処理は、決算整理として行われるべきといえるでしょう。

しかし、利息法の計算方法(直前の簿価×実行利子率が有価証券利息)を考えると利息法による償却額の処理は、利払日に行ってしまった方が便宜です。
一般的な解説等もこちらを中心としているようです。
もっともこの場合でも利払日と決算日がズレている場合には、決算日に行われることになります。

整理すると次のような感じでしょうか。

1.定額法 → 決算日
2.利息法
理論的 → 決算日
実践的 → 利払日と決算日

したがって、(1)が正解ということになります。