(問題)
社債発行時に、計上される社債勘定の金額が社債額面金額よりも大きいのは、次のうちいずれの発行形態ですか。

(1)平価発行

(2)割引発行

(3)打歩発行


(解答)
解答は下です。


(解説)
額面金額と発行価額の関係からの発行形態は、次のとおりです。

平価発行……額面金額=発行価額

割引発行……額面金額>発行価額

打歩発行……額面金額<発行価額

このうち平価発行については、社債額面で社債が計上されます。

割引発行、打歩発行時には、額面金額と異なる金額で社債が計上されます。

額面金額と発行価額との差額については、償却原価法が適用されます。


(3)


(関連記事)
社債の発行形態