今、本店が仕入れを担当し、支店が販売を担当するケースを考えましょう。

本店が外部の仕入先から商品を仕入れ、これを支店に送付した。

本店:(借)仕  入××× (貸)買 掛 金×××
      支  店×××    支店売上×××
支店:(借)本店仕入××× (貸)本  店×××

一般的に行われる取引の流れが、上記のような場合に、支店が、本店の仕入先から直接商品を仕入れた場合はどうなるでしょうか。

支店:(借方)仕入?××× (貸方)買掛金?×××

支店が、本店からしか仕入を行っていなければ、借方の仕入勘定は、不適切です。
また、貸方の買掛金(例えばA商店に対するもの)の管理は、本店で行われているハズです。
その補助簿(A商店)も本店に設けられています。
買掛金を支店で記帳した場合には、補助簿と元帳の関係がおかしくなってしまいます。

このような不具合は、支店が本店の仕入先から直接商品を仕入れた場合でも、本店を経由して仕入れを行ったように処理すれば、解消されます。
つまりは、直接仕入れの場合でも、当初のような仕訳を行うのです。

具体的な出題としても、本店経由の処理が求められることが多いです。
慣れていないと混乱しがちですので、充分な習熟が求められます。


【関連記事】
直接仕入と直接売上


税理士試験 簿記論 講師日記 全テキスト記事一覧