(問題)
(借)損  益××× (借)資本金×××

上記の仕訳を行うべき取引は、次のうちのいずれですか。

(1)A株式会社の当期純利益は、×××円と算定された。

(2)個人企業であるB商店の当期純利益は、×××円と算定された。

(3)個人企業であるB商店の期中における引出金勘定の残高を決算において整理した。

(解答)
(2)

(解説)
資本振替について問う出題です。
損益勘定に集められた収益と費用との差額、つまりは、当期純利益を、資本勘定に振替えるのが、資本振替です。
振替える資本勘定は、個人企業では、「資本金」勘定で、会社では、「繰越利益剰余金」勘定になります。

本問での、それぞれの仕訳は、次のとおりになります。

(1)(借)損 益××× (貸)繰越利益剰余金×××
(2)(借)損 益××× (貸)資 本 金×××
(3)(借)資本金××× (貸)引 出 金×××