増資や減資は、会社法上の制度で、増えたり、減ったりするのは、あくまでも会社法上の「資本金」=簿記上の「資本金」です。

この点は、しっかり意識しましょう。

増資や減資に関連して「実質的」や「形式的」ということがいわれることがあります。

これは純財産の増減を伴うかどうかの違いです。

例えば、「実質的増資」といえば、純財産が増えて、資本金も増える増資をいいます。

(借)現金預金××× (貸)資本金×××

こんな仕訳をきるケースでは、現金預金が増えて、資本金が増えてますので、実質的増資です。

(借)資本準備金××× (貸)資本金×××

これは、資本準備金の資本(資本金)組入れの場合の仕訳ですが、資本項目(資本準備金)が減って、他の資本項目(資本金)が増えています。
このような増資が、「形式的増資」と呼ばれます。


【関連記事】
増資の会計処理


税理士試験 簿記論 講師日記 全テキスト記事一覧