簿記論では、原価率を算出させる場合が少なくありません。
この場合の原価率は、財務諸表の数値したものではありません。
販売の時点で想定される原価率、いわば予定原価率を意味しています。
当初、企業が予定した原価率です。

例えば、企業が原価率80%と想定しているなら、80円で仕入れた商品は、100円で販売することになります。
ただ、商品にキズがあったりすれば、5円値引くということもあるでしょう。
これが、売上値引です。

一連の処理を仕訳で示すと次のようになります。

(借)売 掛 金100 (貸)売  上100
   売  上  5    売 掛 金  5

この時点で、試算表を作成すれば、売上勘定は、95円になります。
この95円の売上と80円の仕入(売上原価)から「当初の」原価率80%を算出するとするなら次のようになるでしょう。

売上原価80÷(売上95+売上値引5)=80%

当初の原価率の算定上、売上値引・割戻を控除しないのは、このような理由からです。
「当初の」原価率の算出の際の売上値引・割戻の取扱いには、充分注意しましょう。

(関連記事)
利益率・原価率、付加率