新会社法に関連した「新しい簿記の話」を続けています。
メインは、次の三点です。

●貸借対照表の「資本の部」が「純資産の部」になる。
●利益処分案がなくなり、「株主資本等変動計算書」が導入される。
●損益計算書が、当期純利益までになる。
(試験的な影響は、平成19年度以降になると思います)


前回、簡単にご紹介した「株主資本等変動計算書」ですが、これは、「純資産の部」の増減変動を記載した計算書です。

「株主資本等変動計算書」が、「純資産の部」の変動計算書とするなら、「純資産」変動計算書という名前でもよさそうな気もします。
しかし、「株主資本」の変動を記載するのがメインなので、「株主資本等」変動計算書という名称に落ち着いたようです。

もう一度「純資産の部」の大きな柱立てを考えてみましょう。

機ヽ主資本
供”床塑抗曄Υ校産抗
掘/軍予約権

株主資本の中身は、以前の資本の部(の上の方)に近いといってよいでしょう。
これに対して、兇良床塑抗曄Υ校産抗曚筬靴凌軍予約権の中には、これまで負債の部に記載することとされていたものが含まれています。
ここがとっても違います。

今までの「負債」と「資本」は、それぞれを独立して考えている感じでした。
これは負債?それとも資本?という問題が生じた時には、負債・資本がどんなものかを考えて、どちらか相応しい方にもっていく感じです。
それが、負債をきっちりと決めて、それ以外を純資産にもっていくという方式をとったためにこんな感じになったといってよいのかもしれません。

株主資本等変動計算書での中心は、そのようないい加減な(いい過ぎか)純資産項目ではなく、あくまでも「株主資本」の変動を記載することに重点が置かれるといってよいでしょう。
その事が名称にもよくあらわれているといったところでしょうか。