簿記論では、固定資産関連で、推定の絡んだ出題が少なくありません。
直接法・間接法の出題の違いに注意し、そして、定額法や定率法の基本的仕組みをしっかりと理解し、推定の問題に対処する必要があります。

定額法による推定がある場合には、取得原価を仮に(X)等と置いて、与えられた条件から算式をたててその式を解く感じがよいのではないかと思います。
ちょっと具体的な例で考えてみましょう。

取得原価?
期首帳簿価額820円(取得から2年経過)
耐用年数10年
残存価額1割

(X)−(X)×0.9÷10×2=820
(X)−0.18(X)=820
0.82(X)=820
(X)=1,000

電卓でいくなら、

0.9 ÷ 10 × 2 − 1 = M 
820 ÷ RM =

という感じでいけるのではないかと思います。


【関連記事】
減価償却関連の推定の意味