約束手形は、「支払約束証券」と呼ばれます。
約束手形において、約束がかわされるのは、「支払」についてです。
約束手形は、支払を約束する訳ですから、約束手形における「名宛人」は、「支払」を受ける人、つまり、「受取人」になります。

為替手形は、「支払委託証券」と呼ばれます。
為替手形においては、支払を委託する訳ですから、為替手形における「名宛人」は、「支払」を行う人、つまり、「支払人」になります。

同様に名宛人といっても約束手形と為替手形とでは、「支払人」と「受取人」と立場が大きく変ります。
それに応じて仕訳も変ってきますので、簡単な仕組みをおさえることが為替手形の攻略の近道といってよいのではないでしょうか。

(関連記事)
約束手形と為替手形



債権債務・手形<目次>

テキスト記事一覧