(問題)
次に掲げるものを売掛金の回収によって受け取った場合の仕訳における借方科目が当座預金となるものを選びなさい。

(1)他人振出の小切手(1ヶ月後の日付の付されたものである)

(2)他人振出の小切手(当日の日付の付されたものである)

(3)自己振出しの小切手

(解答)
(3)

(解説)
一般的に、小切手を受け取った場合には、その換金性に鑑み、現金として取り扱われます。
ただし、例外が二つあります。

一つは、先日付小切手です。
先日付小切手については、本来は期日の考え方のない小切手に期日の考え方を無理やりに持ち込んだもので、その性格は、手形に似ています。
よって、受取手形勘定で処理することとされています。

もう一つが、自分の振出した小切手のケースです。
振出した際に、貸方・当座預金という処理がなされています。
これを、受け取った段階では、借方・当座預金という処理を行うことになります。
よって、本問の正解は、(3)です。

なお、適切な勘定科目は以下のとおりです。
(1)受取手形(受取先日付小切手)
(2)現金
(3)当座預金


(関連記事)
現金の範囲