【ブログ内テキスト】
有形固定資産


【要チェックポイント】
(1)取得形態別の取得価額
(2)償却方法(定額法で率をかける場合あり)
(3)記帳方法(直接法に注意)
(4)買換え(高額下取りの取扱いに注意)
(5)償却方法の変更(残存価額に注意)
(6)資本的支出と修繕費

【要点チェック】
(1)取得価額
1.購入……購入代価+付随費用
2.贈与……時価+付随費用(固定資産×× 固定資産受贈益××)
3.現物出資……現物出資資産の時価
4.固定資産との交換……提供固定資産の帳簿価額(損益なし)
5.有価証券との交換……提供有価証券の時価

(2)減価償却方法
1.定額法……(取得原価−残存価額)×1年/耐用年数
2.定率法……(取得原価−期首減価償却累計額)×定率法償却率
3.級数法……(取得原価−残存価額)×当期項数/総項数
       ※総項数={耐用年数×(耐用年数+1)}÷2

(3)記帳方法
1.直接法と間接法
間接法:減価償却費×× 減価償却累計額××
直接法:減価償却費×× 固定資産   ××
2.記帳方法の変更(直接法→間接法)
 定額法……取得価額(X)−(X)×0.9÷耐用年数×償却済年数=帳簿価額
 定率法……取得価額(X)×(1−定率法償却率)×償却済年数=帳簿価額

(4)過年度減価償却過不足額
1.償却不足……過年度減価償却費修正損、過年度減価償却費、前期損益修正損
2.償却超過……過年度減価償却修正益、前期損益修正益
※過年度の償却計算の誤りについては、遡及修正を行いますが、処理については、問題の指示に従いましょう。

(5)売却等
1.売却(固定資産売却益、固定資産売却損)
2.買換(固定資産売却益、固定資産売却損)
 高額下取→購入資産の値引
3.除却・廃棄(固定資産除却損、固定資産廃棄損)
 除却時→貯蔵品

(6)災害損失
1.火災損失発生時……保険未決算×× 固定資産等××
2.保険金確定時………未収金  ×× 保険未決算××
           火災損失 ××

(7)減価償却方法の変更
1.定率法→定額法……(取得原価−減価償却累計額−残存価額)÷残存(当初)耐用年数
2.定額法→定率法……(取得原価−減価償却累計額)×残存(当初)耐用年数の償却率

(8)耐用年数の変更(臨時償却)
「新耐用年数での期首減価償却累計額」−「旧耐用年数での期首減価償却累計額」

(9)資本的支出と修繕費
1.資本的支出(価値・耐用年数の延長)、修繕費(原状回復費用)
2.資本的支出額……支出額×延長年数/残存耐用年数=資本的支出額
3.その後の減価償却
耐用年数の延長あり……残存(当初)耐用年数
耐用年数の延長なし……当初耐用年数


【チェック問題】オススメ度(◎→○→△、※は参考)
基礎編20(◎)
基礎編21(○)
基礎編22(○)
基礎編23(○)
基礎編24(○)
基礎編25(○)
上級編1(◎)
上級編5(◎)
細目編22(◎)
細目編23(◎)