【対象=簿記論】

(問題)
帳簿組織及び伝票会計に関する下記の文章の正否を○×で答えなさい。

(1)特殊仕訳帳として現金出納帳が作成されている場合、入出金取引が普通仕訳帳に記入されることはない。

(2)主要簿のうち総勘定元帳上のみで繰越処理が行われるのは、英米式簿記法である。

(3)期首の実体科目(資産・負債・資本)の勘定残高をもって行なう仕訳(開始仕訳)を普通仕訳帳に記録するのは、英米式簿記法である。

(4)英米式簿記法では、再振替仕訳は、仕訳帳には記録されず、総勘定元帳のみに記録されることになる。

(5)英米式簿記法によった場合は、再振替仕訳を省略することができる。

(6)集合勘定としての損益勘定及び残高勘定が用いられるのは英米式簿記法である。

(7)英米式簿記法では、損益勘定を用いず、残高試算表から直接損益計算書が作成されることがある。

(8)開始残高勘定が用いられるのは、純大陸式簿記法である。

(9)資産、負債、資本の各勘定について、勘定上のみで繰越すのは、英米式簿記法である。

(10)仕訳帳の借方金額・貸方金額の合計(第一次締切額の合計)が決算整理前合計試算表の借方金額・貸方金額の合計と一致するのは、英米式簿記法である。

(解答)
(1)×
(2)○
(3)×
(4)×
(5)×
(6)×
(7)×
(8)○
(9)○
(10)×


(解説)
(1)一部現金取引について、普通仕訳帳に取引の全体を記録する方法を採用した場合には、入出金取引が普通仕訳帳に記録されます。

(3)英米式ではなく、大陸式です。

(4)英米式・大陸式ともに、再振替仕訳は、普通仕訳帳に記録されます。

(5)再振替仕訳の省略はできません。

(6)英米式ではなく、大陸式です。

(7)英米式でも、損益勘定は作成されます。

(10)英米式ではなく、大陸式です。