税理士試験 簿記論 講師日記

税理士試験 簿記論、財務諸表論、簿記検定の問題、学習方法等をアドバイス。

【対象=3級以上】

(取引)
商品を売上代金100円のうち、40円を現金で受取り、残額を掛けとした。
(問題)
上記の取引を三伝票制により記録する場合、入金伝票を次のように作成すると振替伝票はどのように記録されますか。
(入金伝票)
売掛金40円

答えは、書くのではなく、口頭で。
後ほど「記憶」と「解答」を照合してください。
では、時間をはかって、スタートです。





(振替伝票)
(1)(借)売掛金 60 (貸)売 上 60
(2)(借)現 金 60 (貸)売 上 60
(3)(借)売掛金 40 (貸)売 上 40
(4)(借)現 金 40 (貸)売 上 40
(5)(借)売掛金100 (貸)売 上100

(解答)
(5)

(判定)
30秒以内 → 1月
1分以内 → 4月
2分以内 → 8月
2分超   → 12月
間違えた方は、もう一度、復習しましょう。

(解説)
三伝票制を採用する場合、一部現金取引(一部当座取引)については、次のいずれかの方法による伝票記入が行われます。

(1)取引を分解する方法
入金伝票:(借)現 金40 (貸)売 上40
振替伝票:(借)売掛金60 (貸)売 上60

(2)取引を擬制する方法
振替伝票:(借)売掛金100 (貸)売 上100
入金伝票:(借)現 金 40 (貸)売掛金 40

本問では、(2)の入金伝票の記入が行われていますので、解答は、

(借)売掛金100 (貸)売上100

ということになります。

コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。