税理士試験の簿記論を難しくしているのが、第三問の存在といってよいでしょう。
とにかく量が多くて、難易度は高いです。
ただ、全部をできる必要はない(そもそも出来ない)ので、できる所と出来ない所の見極めが重要です。

第三問を難しくしている点の一つが量です。
総合問題の中の資料の項目は、相互に関連している場合が多いです。
単純に量が増えることで、実際に感じる難易度は、単純な比例よりも高く感じられるのではないでしょうか。
これに対する対処は、難しいです。
簡単な対処法があれば、きっと合格者続出です。
こころがけたいのは、次の3点でしょうか。

(1)問題をよく読む(題意の把握)
(2)基礎項目の充実(できる所と出来ない所の区別)
(3)実践とその確認

(1)問題をよく読む
簡単そうで、なかなか難しいです。
「マーカー」を使うというのは、読み間違いや読み落としを回避するのに役立つことがあります。
ただ、本質的には、ゆっくりと、丁寧に文章を読む以外にないのかもしれません。

(2)の基礎項目の充実
実は、やるべき箇所(できる箇所)ととばす箇所(できない箇所)との区別を行う上で、もっとも重要な点だと思います。
誰もが出来ない項目というのは、できなくてよいどころか、手をつけるべきではない場合も多いです(対、点数効果も低い筈です)。
しかし、これは難しいです。
ホントに難しいです。

(3)実践とその確認
問題の取捨選択に実践での練習は欠かせません。
ただ、基礎項目が入りきらないうちは実践練習の意味も薄くなります。
特に春先からの答練で「初見の問題」の取捨選択を意識しましょう。
で、事後のできるハズ、こりゃできないチェックが大事です。
できなかったけど「現状の実力」で本当はできた項目
「現状の実力」ではできないのに手をつけてしまった(深入りしてしまった)項目
このチェックです。
答練の段階でこれを意識しているとだんだんとその精度がよくなっていくハズです。

特効薬は、おそらくありません。
そのために何をすべきかを各自が考え、そして答練で実践し、それを確認する。
答練の持つ大きな意味であるといってよいでしょう。


そうだ、問題を解こう!!

問題を解こう!!<目次>