【対象=2級以上】

(問題)
次の一連の取引の仕訳を手許商品と区分する方法により示しなさい。

(1)試用販売のため、商品(売価600円、原価500円)を得意先に送付した。

(2)得意先より、商品を買い取る旨の連絡を受けた。

(解答)
(1)(借)試用品500(貸)仕   入500
(2)(借)売掛金600(貸)試用品売上600
      仕 入500 試 用 品500


(許容勘定科目等)
試用品→試送品
試用品売上→試用売上
※(2)の2行目の仕訳(仕入500 試用品500)は、決算で行う方法もある。

(解説)
手許商品区分法は、手許にある商品と相手先に試送した商品を区別する処理方法です。
具体的には、原価で仕入勘定から試用品(試送品)勘定に振替える処理を行います。

(借)試用品×××(貸)仕入×××

試用販売では、相手先が買取の意思表示をした段階で、売上を計上します。
この場合、売上は、一般の売上と区別する意味で試用売上とする場合が多いですが、売掛金については、必ずしも一般の売上と異なる訳ではないので、区別しない場合が多いです(区別しても間違いという訳ではありませんが)。
また、同時に手許の商品とは区別していた試用品勘定を仕入勘定に戻します。
これは、仕入勘定で売上原価を計算するためです。
なお、この仕訳は、決算で行う場合もあります。

(借)売 掛 金×××(貸)試用品売上×××
   仕  入×××   試 用 品×××