【対象=2級以上】

(問題)
次の一連の取引の仕訳を回収基準(未実現利益控除法)により示しなさい。
(1)商品500円(原価400円)を毎月均等払を条件とする割賦販売により商品を売り上げた。
(2)第1回目の割賦代金100円を現金で回収した。

(解答)
(1)(借)割賦売掛金500(貸)割賦売上 500
(2)(借)現  金 100(貸)割賦売掛金100


(許容勘定科目等)
割賦売上→売上(割賦売上が一般的です)

(解説)
未実現利益控除法とは、期中は販売基準と同様に処理しておいて、期末に回収基準と同様の利益になるように「利益を調整する方法」です。
問題の第1回の割賦代金の入金時点で決算をむかえたとすると次の処理を行うことになります。

(借)繰延割賦売上利益控除80(貸)繰延割賦売上利益80

未回収の割賦売掛金400×割賦利益率20%(100円÷500円)=80円


【関連記事】
未実現利益控除法