【対象=2級以上】

(問題)
次の一連の取引の仕訳を回収基準(対照勘定法)により示しなさい。

(1)商品600円(原価500円)を毎月均等払を条件とする割賦販売により商品を売り上げた。

(2)第1回目の割賦代金100円を現金で回収した。

(解答)
(1)(借)割賦未収金600 (貸)割賦仮売上600
(2)(借)現    金100 (貸)割賦売上 100
    割賦仮売上100    割賦未収金100


(許容勘定科目等)
割賦未収金→割賦売掛金、割賦販売契約等
割賦仮売上→割賦販売等
割賦売上→売上(割賦売上の方が一般的です)

(解説)
回収基準(対照勘定法)は、商品の販売(引渡)時点で売上(収益)を計上しないで、売価で対照勘定によるメモ(備忘記録)を行う方法です。
対照勘定としては、様々なものが用いられていますが、実際の試験では、科目指定がありますので、その指示に従ってください。

売上時:(借)割賦未収金××× (貸)割賦仮売上×××

実際の売上は、代金の回収時点で計上します。
ただ、割賦販売は、特殊な販売形態ですので、ただの売上ではなく、割賦売上という勘定で、一般の売上と区別する場合が多いようです。
また、同時に実際に売上をたてたのですから、ただのメモだった対照勘定は、逆仕訳を行うことで、消しこみを行います。

(借)現     金××× (貸)割賦売上 ×××
   割賦仮売上×××    割賦未収金×××


【関連記事】
対照勘定法