【対象=簿記論】

(問題)
次の資料に基づき、決算整理前残高試算表を作成しなさい。
(資料)
(1)前期末の退職給付債務は400万円、年金資産の前期末の時価は300万円であり、差異等は生じていない。
(2)当期の勤務費用は20万円、利息費用の算定に用いる割引率は2%、年金資産に対する期待運用収益率は3%である。
なお、当期中に年金資産への拠出額として15万円を支払っており、定年退職者に対する退職給付として年金資産から8万円、当社からの直接給付として5万円が支払われている。

(解答欄)決算整理前残高試算表【単位:万円】
【借方】退職給付費用  (   )
【貸方】退職給付引当金(   )

(解答)決算整理前残高試算表【単位:万円】
【借方】退職給付費用  ( 19
【貸方】退職給付引当金( 99

(解説)【単位:万円】
期首退職給付引当金 退職給付債務400−年金資産300=100
退職給付費用 勤務費用20+利息費用8−期待運用収益9=19
利息費用=前期末退職給付債務400×割引率2%=8
期待運用収益=前期末年金資産300×期待運用収益率3%=9

仕訳処理:
(退職給付費用の計上)(借)退職給付費用  19 (貸)退職給付引当金19

(年金掛金の支払   )(借)退職給付引当金15 (貸)現金預金   15

(年金資産からの給付)仕訳不要

(企業からの直接給付)(借)退職給付引当金 5 (貸)現金預金    5

(関連記事)
退職給付会計の概要
退職給付制度の仕組み
退職給付会計の一連の処理
退職給付引当金の計算
退職給付費用の計算