税理士試験 簿記論 講師日記

税理士試験 簿記論、財務諸表論、簿記検定の問題、学習方法等をアドバイス。

【対象=3級以上】

次の資料により第2期の備品の減価償却費を計算しなさい。

答えは、書くのではなく、口頭で。
後ほど「記憶」と「解答」を照合してください。
では、時間をはかって、スタートです。





(資料)
第2期の決算(年1回、12月決算)にあたり、次の車両について、定率法による減価償却を行うこととした。
取得時期:第1期の7月1日
取得原価:1,000円
償却率 :20%
残存価額:取得原価の10%

(解答)
180円

(判定)
30秒分以内 → 青
1分以内 → 黄
2分以内 → 赤
2分超   → 白
間違えた方は、もう一度、復習しましょう。

(解説)
定率法による減価償却費は、次のように計算します。

期首未償却残額(取得原価−期首減価償却累計額)×定率法償却率

本問における減価償却費は、次のように計算します。

第1期の減価償却費 1,000円×20%×6月/12月=100円
第2期の減価償却比 (1,000円−100円)×20%=180円

コメント

このブログにコメントするにはログインが必要です。

トラックバック