【対象=2級以上】

(問題)
次の一連の取引の仕訳を示しなさい。

(1)A商店から仕入れた商品100円(代金は、掛とする)について、貨物引換証を受取った。

(2)上記貨物引換証を120円で、B商店に売却し、代金は現金で受取った。

(解答)
(1)(借)未 着 品100 (貸)買 掛 金 100
(2)(借)現  金120 (貸)未着品売上120
   仕  入100    未 着 品 100


(許容勘定科目等)
未着品売上→売上
未着品売上については、分割法(三分方)によっていますが、分記法(未着品100、未着品販売益20)でもかまいません。
この場合、(借)仕  入100 (貸)未 着 品100の仕訳は必要ありません。
また、(借)仕  入100 (貸)未 着 品100については、決算で行う方法もあります。

(解説)
貨物引換証等の貨物代表証券を受取った場合には、未着品勘定で処理します。

(借)未 着 品××× (貸)買掛金等×××

未着品を売却せず、商品を引取った場合には、通常の仕入れを行ったのと同様になる訳であり、未着品勘定を仕入勘定に振替えることになります。

(借)仕  入××× (貸)未 着 品×××

未着品を売却した場合には、通常の売上時の処理と同様の処理を行うとともに、未着品の原価を未着品勘定から仕入勘定に振替える処理を行います。