【対象=簿記論】

(問題)
当社(決算は年1回、1月1日から12月31日)は、×1年度期首(×1年1月1日)に額面300万円の社債を270万円で発行した。
この社債は、発行から1年ごとに100万円ずつを償還することとされている。
次のそれぞれの場合における社債発行差金の償却額を示しなさい。
社債の発行は×1年1月1日、最終の償還は×3年12月31日である。
なお、解答にあたって、期間計算を要する場合には、月割計算を行うものとする。

(1)商法に規定する最低額を償却する場合
×1年(     )円  ×2年(     )円  ×3年(    )円

(2)商法の規定に抵触しない範囲での早期償却を行う場合
 ×1年(     )円  ×2年(     )円  ×3年(    )円

(3)償還計画に応じて合理的に償却するものとした場合
 ×1年(     )円  ×2年(     )円  ×3年(    )円

(解答)
(1)商法に規定する最低額を償却する場合
 ×1年( 100,000)円  ×2年( 100,000)円  ×3年( 100,000)円

(2)商法の規定に抵触しない範囲での早期償却を行う場合
 ×1年( 300,000)円  ×2年(    0)円  ×3年(   0)円

(3)償還計画に応じて合理的に償却するものとした場合
 ×1年( 150,000)円  ×2年( 100,000)円  ×3年( 50,000)円

(解説)
(3)社債総利用高 300万+200万+100万=600万
×1年 30万×300万/600万=15万円
×2年 30万×200万/600万=10万円
×2年 30万×100万/600万=5万円